RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
my school life in England vol.1
通っていた学校のHPを探し当てて、学校のofficeにメールを送ってみた。帰国したのはもう5年も前になるけれど、先生たちはほとんど入れ替わっていないようだった。

学校の建物の写真や、行事の写真を見て、すごく懐かしくて、イギリスに帰りたくなった。イギリスに行ったところで、この学校にまた通えるわけではないんだけども(笑)
でも、ほんとにいい学校だった。1学年20人前後っていう、ものすごい小さい学校だから、みーんなの名前と顔が分かって、あの子は何が得意だとか、これに困ったらあの子に聞きに行こうとか、そういうのが全部分かる学校。先生も先輩も後輩もみんなあったかくて、ファミリーみたいだった。人数が少ないから、とっても面倒見がいいし。ああいう学校でなら、教師になってもいいと思う。
1916年に出来た古い女子校で、やってることもかなり伝統的だったんじゃないかと思う。例えば、先生が生徒たちを「ladies」と呼んだり、Latinのclassが残っていたり。
校舎もなかなか古かった。授業中、屋根から雨漏りがしたり(笑)
「先生、ノートが雨で濡れます!」
「あらー、机の場所変えなさいよ。ついでに、どっかからバケツ持ってきて。これじゃ水浸しになっちゃうわ。」
で、授業中なのに、バケツとかお鍋とかを学校中から調達してくるとか(笑)

うーん、この学校でのエピソードは話始めたらきりないな。たぶん、1ヶ月は余裕で毎日ブログ更新できそう(笑)

original:2005-07-09 00:19:29
author:la-ventana2, category:イギリス現地校生活, 00:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:36
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://la-ventana2.jugem.jp/trackback/7