RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
母語を失う恐怖と私を支えた詩
 海外の現地校に入って、現地の子と対等に学力的に渡り合えるようになるまで4年かかるという。
あながち外れていないと思う。
現地の言葉で考え、問題解決する力がつくには少なくとも4年、それ以上かかるケースも珍しくない。
それはその子どものそれまでの家庭環境や、学習環境によって多少幅は出てくるけれど。

私は、2年かけて、英語で思考する能力が芽生え始め、
それと同時に、日本語で思考する能力を失い始めた。

それが、どういう意味を持つか。

自分が考えていることが、わからない。
動物的ともいえる、直感レベル、感情レベルでしか、自分の気持ちを認識できなくて、
言葉というフレームに落とし込むことができなくなる。

自分の考えていることが分からない、表現できない。
私の今感じているこの恐怖は、不安は、なんだろう。
確かにそこに、恐怖や不安があるのに、
それが何なのか知るすべも、知ろうとする手段「考える」という作業がまったくできなくなる。

何より恐ろしかったのは、母語が、私の頭の中から消え行くということ。

私は日本語が大好きだった。
文字を読み始めたのが2歳、筆を持ったのが3歳、幼稚園では絵本なんて大嫌いで、
小学校では、学年相応の本はくだらなくて仕方なかった。
小学生にして、古事記や日本書紀を読み、
イギリスに行ってからは毎月4、5冊、祖母に本を贈ってもらっていた。
そんなイギリス中学生時代には、当時脚光を浴びた「日蝕」に夢中になり、
そのほかにもとにかく日本語の活字があれば内容がなんであれ、読んだ。
日本語新聞が一日遅れで届くのだけど、それは意味がわからなくても一面の頭から38面まで読み通した。親の金で勝手に届く、日本語メディアが新聞だった。

が。
そんなこともしている暇のなくなってきた、Yr10、11。その準備段階のYr.9.
このあたりから、日本語に接する機会が激減。
現地校の課題、勉強でいっぱいいっぱいだ。
中等教育修了試験(GCSE)対策、GCSEに必要なプロジェクトワーク、エッセイ、モジュールテスト、実技試験。。

イギリスに渡った小6の頃から常に一日8時間は勉強に割いていた。
土日となれば、家族で外出する以外は、ひたすら勉強。

気づいたら、頭の中はほぼ英語。
でもネイティブといえるほどでもなく、日本語で補充しながら、英語を使う日々がしばらく続いた。

が、突然。
和英辞書も英和辞書も使えなくなった。
言葉を失ったから。
これは英語でなんていうんだろう、とおもっても「これ」が日本語で出てこないから辞書の引きようがない。逆もしかり。英語のボキャが少ないから、英語から日本語を引き出す作業もできない。

そのうち、英語でも、日本語でも文章を書くどころか、考えることができなくなった。
怖かった。
頭の中は空回りしっぱなし。焦って冷や汗どころか、体が震えてくる。

日本語ができないで、どうして日本人だと名乗れるだろう。
日本語を失ったら、私は自分をどうidentifyしていけばいいのだろう。
日本に帰ったときにどうなってしまうんだろう。
identity crisisに直面した。

それくらい、言語と自分の文化との結びつきは、少なくとも日本人である私にとっては重要なことだったのだ。(ユダヤ人は宗教を共有するけど、言語や国籍は必ずしも共有されていない)

中学生の私がそのとき自分に対して思ったことだ。

母語喪失の恐怖は忘れない。


でもあるとき、English Litelitureという科目の中の詩の授業で、
Poems from other cultures
という単元を勉強することになった。
詩を読むにとどまらず、修辞法、その詩が書かれることになった歴史的背景、詩人のバックグラウンドまで踏み込む、日本の国語の授業とは雲泥の差の深さで、一つの詩に取り組む。

たぶん英文学の先生は、意図的にその単元を選んだと思う。
何せ私が振り分けられたEng.Lit.のFoundation classの半分が、日本人やパキスタン人など、イギリス人のほうがマイノリティだったから。

その中で、私が勇気付けられた詩がある。
日本語もよくわからない。英語も中途半端。そんな私の悩みとまさに同じことに悩み、乗り越えていくという詩。
Search for my Tongue, written by Sujata Bhatt
だった

その詩を転載することはできないけれど、技法的にも表現力も言葉のパワーもすごい詩だった。

何より勇気付けられたのが。
「mother tongueが
rot and dieしていく」という恐怖から、
実は母語はきちんと体の中に残っていて、「it(母語) blossoms out of my mouth
と詩が訴えてくれたこと。

二つの言語を、体の中に同じレベルで宿らせ、操るのは難しい。
だけどそれが要求される場面は少なくない。
だけど、mother tongueの存在を、思いを、捨てないことで、
一時的にその能力が落ちることが合っても、
必ず、それは体の中に残ってる。


mother tongueの持つパワーとそれがその人自身にとってどれだけの財産なのかということを、
多くの人に知ってもらいたい。知らせたいと思う。
author:la-ventana2, category:イギリス現地校生活, 12:51
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 12:51
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://la-ventana2.jugem.jp/trackback/27