RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
my school life in England Vol.16
高校まで「卒業式」というものは経験がしたことがなかった。
なぜか。
小学校6年生の夏にイギリスに行った私が転入した先は、現地校のYear.8。中学校2年です。あれ、小学校未卒業のまま中学生になっちゃった。。
その上イギリスで中等教育課程はYear.7〜11の5年間なのですが、そのYear.11の終わりには卒業式のようなものはなく、最終学期の最終日も、登校はしてもしなくても、みたいな、流れ解散。
しまりのない終わり方だったなあ。
あんなに卒業時の試験大変だったのに。。

ただ、一つだけ、イギリスの中学校生活の終わりに、素敵なイベントがあったんだ。
先生たちが手作りのパーティーを、試験の最終日に開いてくれたの。
パーティー会場は、普段居残りくらいでしか使われない、図書室(笑)
普通、飲食厳禁なのに(笑)
学校中の先生たちがみんなで、お菓子の買出しからからピザのオーダー、会場のセッティングまでしてくれて、先生たちと私たちYear.11の全員で楽しくランチパーティーをしたんだー。

でも、どこか不完全燃焼だった私たち。。

だって。。

muck up dayを何ヶ月も前から楽しみにしてたんだもん!!!!!

muck up day。

それはどうやら私たちの学校独自の行事ではなかったみたいで、近くの学校でmuck up dayに何があったか、みたいな噂も聞こえてくる。

私たちも、試験が始まる前から「うちらは何する何する?」みたいな感じでしょっちゅう話題にして、楽しみにしてたのだ。

muck up dayっていうのは、その年の卒業生が、大暴れする日なの。

「今年のmuck up dayは何月何日!」
という噂が、どこからともなく、生徒や先生の間に広がって、全校がどきどきしながらその日を待つの。
そして当日。
いつ、何が起こるのかわからない。
そういう緊張感(と生徒に関しては高揚感。笑)の中、一日が始まる。

私の先輩たちは、すごかった。
ある代は、講堂(といっても、据付の椅子なんかはない、ただのだだっぴろいスペースね)で、生卵投げゲームをした。
そのときのホールのにおいといったら。。もう。。
ある代の先輩は駐車場にある先生の車をつぶした。修理費は生徒の親持ちね。
超お金持ちのパパママがいるような子がたくさんいる学校だからそんなことができたんだと思う。。
近くの女子高では、学校中のトイレをショッキングピンクにペイントしたという噂があった。

でも、私たちの代から、muck up dayが禁止になった。

私の一つ上の代のmuck up dayのメニューが超えげつなかったから。

そのmuck up dayは静かに始まった。
私たちの期待とは裏腹に、お昼休みになっても、学校のどこかで悲鳴や笑い声が上がることがなく、クラスの教室にいた私たち後輩は、なんとなく、じりじりしていた。
が。
「つまんないな,ちょっと学校内歩いてみようよ」
と誰かが言い出して、何人かが教室を出て行った。
学校内といっても、めちゃめちゃ小さい学校なので、すぐに校舎を一周できてしまう。
すぐに、教室を出て行ったメンバーが帰ってきた。
笑いをこらえていたらしく、教室のドアを開けた瞬間、大爆笑し始めた。
「なに!?なに!?}」
不思議がる私たちを、手振りで
「とにかくちょっと校内歩いてみなよ」
というように、教室の外を示す。
教室に残っていたメンバーで、廊下に出た。

笑った。みんなが。

私はよくわからなかった。
廊下にぽとぽと落ちているものがなんなのか。

水風船?

違った。


「何、これ?」
私がクラスメートに聞くと
「は?ヨウコ、わかんないの?」
彼女は、説明しようとしてはふき出しながら、やっと教えてくれた。
それらの正体を。

アレです。
空気をいれて、口を結わえた、いろんな色のコン●ーム。。。。。

うそーーーーーーーーん。

学校の、いたるところに、それらが置いてあるの。
廊下、理科室のシンク(にめいっぱい)、ゴミ箱、職員室横の提出物を置くための棚、ホールの床。。。
伝統的女子校の校舎内のいたるところに、そんなものが。。

下ネタ大好きなクラスの子達は大喜びでした。

ひとしきり盛りあがったあと、私は、昼休みに音楽室でピアノを弾くことを日課にしていたので、一人音楽室に向かいました。
ピアノを蓋を開けると。
青、ピンク、グリーン。。。。
鍵盤のとこにもそれらが仕込まれていました!!!!!

のんびり職員室でランチタイムのワインを飲んでいた先生たちが、昼休み終了間際にそれらに気づいた。

午後の最初の授業は自習になった。
先生たちが厳しい顔をして、ゴミ袋片手に、校舎中のそれらを拾って回ったから。
それでも、次の日に思いがけないとこから残党が顔を出して、その度に先生は顔をしかめ{/face_ang/}、私たちは笑いをこらえるはめになりました。

そして、女子校にふさわしくないこんなはしたないいたずらをするなんて許せない、と怒り心頭の先生たちは、翌年以降のmuck up dayを禁止したのでした。
車つぶされても禁止にしなかったのに。
まあ、うちの学校らしいといえばらしい決断でした。

にしても。。。

日本の学校でそんなことやったら新聞にのっちゃうだろな。
都民版とかに。

original:2006-10-13 00:37:08
author:la-ventana2, category:イギリス現地校生活, 03:25
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:25
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://la-ventana2.jugem.jp/trackback/25