RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
my school life in England Vol.15
テストの話。

イギリスの学校では、ちょこちょこテストはあったにしても、定期試験ていうのがなかった。さすがに学年末にはテストあったけどね。
でも、GCSE year になると、5,6月の本番に向けて、12月に1回、mock(模擬試験)がある。

で、mockも本番も、私の学校では、試験会場が、なんと体育館。とは言っても小さい学校なので、体育館も、バレーボールのコートが1面とれるくらいの大きさ。でも、1学年16人しかいなかったので、充分な広さではあるんだけど。

で、体育館に、机を並べて試験するんだけど、このカンニング対策がすごい厳しいんです。どんっ
まず、会場に入る前に、席順、つまりalphabetical orderに並ばされます
そして持ち物チェック。持ち込んでいいのは、中が透き通って見える筆箱とそれにいれた筆記用具と時計だけ。
で、試験官の合図で入場。この時点で、もう話しちゃいけない

で、席につくんだけど、各机は、2、3mくらいずつ離れてる。試験はほんとに孤独な戦いデス。。。撃沈


試験官は、mockのときは学校の先生がやるけど、本番のGCSEのときは、ほんとに公平に試験が行われるように、試験委員会から指定されてるらしい、外部の人が来ます。試験官は1部屋に二人。。
これがほんとに怖い。。情け容赦ないから。
2学年上の先輩なんて、試験中にちょっと顔上げて、まゆげ動かしただけで、カンニング行為と疑われて試験全て失格になりかけたから。試験官いわく、「誰かと合図を決めて、サインを送りあってカンニングした疑い」。。。
そんなんじゃ、試験中下手に瞬きもできやしない。。で、なるべく体を動かさないように硬くなって試験受けてたから、試験終わった後、立ち上がって退場しようとすると、なんか動きがおかしくなってるんだよ笑

1科目60〜120分のテストを、このぴりぴり爆弾した空気の中で受けるんだよー。
あの緊張感ったらない。たぶん日本の国家試験レベルの厳しい監視体制だと思う。
それに比べたらセンター試験はゆるゆるしすぎて寝ちゃったもんね{/fukis_z/}

ちなみに私の学校では、授業時間を知らせるベルも、GCSEやmockのときは試験のほうに合わせられてた。
だから、試験受けてる学年はいいけど、試験日には他の学年は普通に授業してたりするから、授業時間がぐちゃぐちゃしてわかんなくなっちゃったりするの。
で、生徒たちでグルになって「先生、今日はYr.11がGCSE受けてるからベル鳴らないけど、もう授業終わりだよ」とか言ってだまして、授業早めに終わらせちゃったりしてね笑

original 2005-10-21 23:31:54
author:la-ventana2, category:GCSE, 03:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:11
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://la-ventana2.jugem.jp/trackback/24