RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
my school life in England Vol.14
イギリスで私が通ってた学校の制服は、なんか派手だった。
だって、Year.9までのブレザーがストライプだもん、緑と茶色と黄色の。
先生いわく、緑は木々を表し、茶色は大地を表し、黄色は太陽を表す。
表すのはいいんだけど、もう少し欲を抑えられなかったんだろうか。
そんなごちゃごちゃいろんな色を入れなくても。。
で、そういうブレザーに、緑色のカーディガン/セーター、白シャツ、緑のネクタイ、茶色のスカート、緑のハイソックス。という組み合わせ。

おかげで遠足やスポーツチームの試合なんかで街中に出かけていった日には、おそろしく目立って仕方なかった。
Royal Academy of Music のチェロのgrade examを受けに、会場となってた隣町の学校に行ったときに、学校名をスタッフに訊かれて答えたら、
「ああ、あのpeculiarな制服のとこね」
って言われてしまったくらい。

まあでもイギリスっぽいっちゃイギリスっぽい制服なのかも。
ちなみにスカートの丈は膝上6インチまで。膝が見えるなら、靴下じゃなくストッキング(茶色の)にしなきゃいけない。ただし、夏は白ソックス可。
長い分には何も言われない。だから、ムスリムの友達は、くるぶしまでの茶色いロングスカートを制服にしてた。

私がYear.9のときに、隣の男子校と私の通ってた女子校が合併して、Year.6(小学校)までが共学になって、翌年には制服も変わったんだけど、どうしてもストライプ柄は譲れなかったらしく、こんどは緑の太いライン・黄色・赤・黄色の細いライン・緑の太いライン…というストライプのブレザー、緑のカーディガン/セーター、白シャツ、赤いネクタイ、グレーのプリーツ入った巻きスカートorズボン。

制服でも中学校の低学年までと高学年とでは区別があって、Year.10&11は、ブレザーが緑一色で、スカートはタイトスカート。
合併してもこっちのブレザーの色は変わらなくて、スカートの色が茶色からグレーに変わっただけ。制服が変わったときには私はYr.10だったので、さらに派手な色合いになった新しいストライプブレザーを着ることは免れた。

(巻きスカートは結構かわいかったから着たかったんだけど、私はもうyr.10だったので着れなくて悔しかった(笑)帰国してから通ってた都立高校には標準服は一応あったけど、私服可だったので、妹が着てたこの巻きスカートを拝借して、Yシャツとリボンにあわせて来て行ってました。)

服装に関しては厳しくて、よく先生のチェックが入ってました。
スカート丈は定規でチェック。
髪結うゴムは黒か茶か緑じゃなきゃいけなくて、それ以外してると外されて、輪ゴムで結うはめになる。
その他シャツをスカートの中にしまってないとすぐさま注意されたし、ストッキングの色が薄すぎるともっと濃い色のにしなさいとか言われる。
何か先生たちにとって気に食わないとこがあると、ladyとしての身だしなみがどうのってくどくど説教される。。。
そのわりに先生たちもストッキング伝線してても全然気にしてなかったり。
そっちのほうがどうかと思うよ。

original 2005-09-27 00:07:38
author:la-ventana2, category:イギリス現地校生活, 03:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 03:02
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://la-ventana2.jugem.jp/trackback/23