RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
my school life in England Vol.10
はい、やっとやっと、夏休み船がやってきました。

summer holidayはイギリスでは学年が変わる境目の長期休暇。
とは言っても、すでに何度も書いたように、私の学校にはクラス替えなんてものがなかったから、9月へのドキドキ感はそんなにはなかったかな。

ただ、9月の学校初日に何がドキドキかっていうと、classroomの割り当ての発表と、担任の発表。

校内の教室にはそれぞれA to Zのアルファベットが当てられてた。
Room Aは確かstaff roomだったかな。
日本だと、教室は固定でしょ。この教室は1年1組の教室、って決められたら、それは毎年1年1組の教室。
私の学校では、教室は固定じゃなくて、毎年9月の新学年の初日に、校内の掲示板で教室がどこになったかチェックするの。
「今年のyr.9はroom Qだってー、最悪じゃん、あそこ雨漏りするよ」
みたいなね(笑)
年功序列で、たいてい日当たりのいい部屋は最高学年のYr.11に取られてたな。
で、教室の割り当てと一緒に担任も書いてある。これも悲喜こもごもでしたなあ。

年度の初日だからとか、学期の初めだからとかって、始業式みたいのはなくて、普通に授業があります。
まあ、いわゆるホームルームみたいのがあって、Form Captain(学級委員だね)を決めたり、時間割Homework Diary(宿題帳、ほんとに、宿題と時間割書くだけ)に書き込んだりする時間があって、あとは、授業。初めて転入した日は、ほんとびっくりした。すぐ帰れると思ったのに…しかも、1日9時限あるしね
1〜3限、Break、4〜6限、Lunch、7〜9限ていう。。。慣れるまではほんとつらかった。

うーん、長いな。
続くー
To be continued

original: 2005-08-02 01:14:52
author:la-ventana2, category:イギリス現地校生活, 18:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:02
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://la-ventana2.jugem.jp/trackback/18